子供の身長と思春期との関係

子供の身長と思春期との関係

誰にでも一度は訪れる思春期、心と体にさまざまな変化が現れるこの思春期のことを、今でもよく覚えているという方も多いのではないでしょうか。実は思春期と身長の伸びには大きな関係があるのです。

 

思春期は医学的には「第二次性徴」の始まりと言われており、女の子の場合は乳房が膨らんで来たり、男の子の場合は精巣が増大するという、男女それぞれの体つきの特徴が表れ始める時期です。そして性的な特徴だけでなく、身長の伸びもそれまでと比べて格段に大きくなるのです。

 

人間の身長が大きく伸びる時期は、一生の中で二度訪れます。最初は生まれてからの1年間であり、この時期には身長が約2倍も伸びます。そして二度目が思春期であり、この時期は1年間に10cmほど伸びることもあります。それまでは1年間で5〜6cm程度の伸び率なので、思春期の成長がどれほど大きいものかわかるでしょう。

 

思春期の始まりは個人差があり、男の子と女の子でも大きく異なります。女の子の場合は10歳前後、男の子の場合は11歳から12歳前後と、2年近くの差があります。もしもまだ思春期が始まる年齢に達していないお子様の低身長で悩んでいるのであれば、これからぐんぐん伸びる可能性もあるのでまだ心配する必要はないでしょう。

 

身長を伸ばすには、十分な睡眠の確保と適度な運動、そしてバランスの良い食事が欠かせません。思春期に思いっきり身長が伸びるように、今のうちからタンパク質やカルシウムを十分に摂取するようにしましょう。

 

思春期の成長の伸び幅は男の子の場合約25cm、女の子の場合は約22cmとだいたい決まっています。思春期が終われば身長の伸びはほぼストップするので、思春期が始まった時点の身長が高いほうが最終的な身長も高くなる傾向にあります。だからこそ、早いうちからサプリメントで十分な栄養を補うことがすすめられるのです。

 

普段の食事とサプリメントを組み合わせることで、効率よく必要な栄養素を摂取することができますよ。