子供の身長と思春期との関係

子供の身長と思春期との関係

日本人の平均身長は、昭和の時代から比べると10cm近くも高くなっています。しかしそれでも、もっと身長が高くなりたい、と思っている人は男女合わせて全体の70%にも上ります。

 

幼稚園や小学校低学年の内は、まだ本人が身長について悩むことは少ないでしょう。しかし逆にこの時期は、親御さんがお子さんの身長が平均と比べて低いのではないか、もっと身長を伸ばすことはできないかといろいろと悩んでいることでしょう。

 

子供の身長を伸ばすためには良質な睡眠や運動などが大切になりますが、最も重要なのは栄養バランスのとれた食事です。

 

身長が伸びる仕組みは、骨の末端部分にある「骨端線」という軟骨細胞の集まりが成長ホルモンの働きかけによって増殖し、層のように積み重なること で骨が伸びているのです。この軟骨細胞を増殖させるためにも、そして成長ホルモンの分泌を促すためにも、食事から摂れる栄養素が欠かせないのです。睡眠や運動は確かに身長を伸ばす効果がありますが、体内に栄養素が不足していてはどんなにがんばっても身長を伸ばすことはできません。

 

軟骨細胞の原料となるのはタンパク質です。タンパク質は肉や魚、卵、チーズなどに豊富に含まれます。そして、成長ホルモンの分泌を促す働きがある のが、ビタミンや亜鉛、マグネシウム、カルシウムなどです。身長を伸ばすには、普段の食事からこれらの栄養素を十分に摂取することが大切なので す。

 

しかし、食事からだけでこれらの栄養素をすべてバランスよく摂取するのは結構大変です。毎日栄養バランスのとれた献立を考えるのも大変でしょうし、お子さんが小食だったり好き嫌いが多いとなかなか効率的に栄養を取ることは難しいでしょう。そんなときには、サプリメントがおすすめです。子供用のサプリメントは、甘い味付けがされていたりして子供でもおいしく飲むことができます。サプリメントを上手に取り入れて、不足しがちな栄養素 を十分に補ってあげましょう。