子供の身長を伸ばす効果のある運動は?

子供の身長を伸ばす効果のある運動は?

身体を動かすと、成長ホルモンが分泌され骨に刺激が与えられるため、身長を伸ばす効果が期待できます。お子さんの身長を伸ばすには、成長期にしっかりと運動をさせることが大切なんですね。しかし、どんな運動でも必ず身長が伸びるわけではありません。中にはかえって逆効果になってしまう運動もあります。

 

■身長を伸ばす効果のある運動はなに?

身長を伸ばす効果のある運動には、どういったものが挙げられるのでしょうか。ポイントとしては、「骨に対して縦方向の刺激が加わること」そして「骨を伸ばす軟骨に刺激が加わること」です。

 

縦方向の刺激が加わる運動としては、身体が上下に揺れるジョギングやジャンプの動作が多いバスケットボール、バレーボールなどがあります。そして全身運動ができる水泳は、体中の軟骨にくまなく刺激を与えることができるので効率的です。

 

このほかにも、身体全体を思いきり動かして取り組むような運動であれば、球技や陸上競技など種目を問わず身長に対していい影響を与えます。

 

■身長の伸びを阻害する運動はなに?

運動の中には、かえって身長が伸びるのを妨げてしまうものもあります。

 

たとえばウェイトリフティングや体操など、体の一部に対して過度の負担がかかるような運動は、軟骨を痛めてしまうことがあるため骨が伸びなくなってしまいます。

 

また、マラソンのような多くのエネルギーを消費するような運動は栄養不足につながる危険もあります。タンパク質をはじめとする栄養素が不足すれば、当然身長も伸びなくなってしまいます。

 

翌朝身体が疲れて起き上がれなくなってしまうほどの激しい運動も、身長に対しては悪影響です。

 

お子さんに運動を勧める場合は、ここでご紹介したことを意識して競技を選んであげてください。ただし、いくら身長を伸ばすのに効果的とはいえお子さん自身のやる気がなければ続けることはできませんし、期待したような効果も得られないでしょう。まずはお子さんのやる気や希望を第一に考えてあげてくださいね。運動と合わせて、成長ホルモンの分泌を促す栄養素を含んだサプリメントを飲むのも効果的です。