子供の身長を伸ばす方法がわかるサイト

子供の身長を伸ばす方法がわかるサイト

まだまだ赤ちゃんのうちはそれほど意識することはありませんが、保育園や幼稚園に通うようになり、同じ年頃の子たちを接することが増えてくると、ついつい周りの子供たちと自分の子とを比べてしまいますよね。同月齢、同年齢の子供と比べて明らかにうちの子の身長が低い…となると、栄養状態が悪いのか、身体に何か異常があるのではないかといろいろ心配になってしまうでしょう。

 

小学生までの子供に成長はとても早く、また成長の仕方にも個人差があります。学年は同じでも早生まれの子と4月生まれの子の間には1年近い差があります。子供のうちはこの1年間で目を見張るほど成長します。そのため、同学年でも身長に大きな差が生まれてしまったとしてもそれは当然のことで、それほど心配する必要はありません。

 

また、自分たちの身長が低いせいで子供にそれが遺伝してしまった、と悩むご両親もいるでしょう。確かに遺伝も子供の身長を決定づける要素の一つではありますが、必ずしもそれだけが要因となるとは限りません。ご両親ではなく祖父母の身長が隔世遺伝することもあれば、ご両親が低身長でもその子供が高身長になるケースも存在します。

 

周りの子は成長期が始まり、ぐんぐん身長が伸びているのにうちの子はなかなか身長が伸びない、と心配になることもあるでしょう。成長期は思春期の始まりとともに訪れます。一般的に思春期は女の子が10歳前後から、男の子は11歳前後から始まりますがこれには個人差があり、もっと早くに思春期が始まる子もいれば遅い子もいます。しかし思春期は必ず誰しもに訪れるものです。思春期がなかなか始まらなかったとしても焦らず、じっくりと待ってあげましょう。

 

多くの場合、同学年の子や平均値と比較したわずかな身長差はそれほど大きな問題とはなりません。しかし中には低身長症など重大な疾患が潜んでいる場合もあります。身長や伸び幅が平均と比べて著しく下回る場合には、一度医師に相談してみるのがいいでしょう。乳幼児のうちは定期的な検診が行われていますが、小学校になるとそういった機会も減ってくるので、ご両親がこまめにお子様の成長度合いをチェックしてあげることが大切です。

 

パーソナルジム おすすめ